夢を実現するまで!!


by tiko-hime
カレンダー

2008年 03月 16日 ( 1 )

発表会

いよいよ発表会当日!!

朝は早起きして美容院へ!
セットしてもらってから会場へ向かう!

昨日はぐっすり眠れたし、朝ごはんもガッツリ食べれてあたしもKRKRも全然緊張してないみたい!とか話ながら会場へ向かう。

着いて早々、リハーサル!

ソロの曲を全部弾くのも何だかなぁと思って、出だしとフィナーレのところだけ最終確認。
不安要素は残るものの、もうどうしようもないから開き直ることに。

KRKRとのワルツは少しテンポが遅かったからリハ後に楽屋でもうちょっとテンポ良く弾こうと最終確認。

そうこうしてるうちにお昼ご飯になったんだけど・・・
『ゴ飯ガ喉ヲ通ラナイ・・・』

私:『KRKR~。ご飯が食べれない(><)緊張してるんかなぁ・・・』
KRKR:『あたしも・・・』

そこで出た結論が、
“緊張してるんじゃなくて、さっき朝ごはんガッツリ食べたばっかりだからお腹が空いてないだけ”ってことに(^^;)なるほどね♪そうじゃわ・・・(><)

大好きなエビがお弁当に入ってたけど食べる気がしなくて残してたらKRKRに『エビは縁起がいいから食べさい!』って(><)
『は~い・・・』

ご飯食べた後は受付嬢。

そうこうしてたら発表会開始!

最初はちびっ子だけど、みんな上手!!
子供はホント上手!!
去年に比べてみんな数段上手くなってる!
こうやって努力の成果がハッキリ出てるから聞いててすごく興味深かった。

だんだん自分の番が近づいてくる(><)
舞台裏で出番を待ってる間は緊張が高まる一方。
演奏を終えて戻ってくる人たちの顔は本当に達成感に溢れていた!
緊張を紛らわそうと、冗談話で盛り上がってたけど、一人また一人とステージへ旅立って行くからだんだん人が減っていく・・・

いよいよあたしの番!
緊張はピークに達してたけど、深呼吸して舞台へ。

出だしは上手くいった!
テーマも練習どおり。
一番不安だった通称ギザギザのところは大きな失敗もなく許容範囲。
短調のところは前日、佐田さんに褒めて頂き、更に「景色を思い浮かべながら弾いたらもっといいよ!」とアドバイスを頂いていたので自分なりの風景を思い浮かべながら気持ちを込めて演奏した!
ファイナルはテンポ良く、遅くならないように意識しながら弾いた!
最後はffだから、後悔しないようにめいっぱい弾いた!!
最後の音もちゃんと取れて気持ちよく終われた!!!!

決して完璧な演奏じゃなかったけど、大きな失敗もなく練習した通りに弾けたことが何よりも嬉しかった!細かいこと言えばキリがないけど、後悔のない演奏ができてとても気持ち良かった!

舞台裏へ戻ると佐田さんが『良かったよ!』って言ってくださった!
今日は自分でも納得のいく演奏が出来たから褒めてもらって素直に嬉しかった!

KRKRや他のみんなにも良かったって言ってもらえて本当にうれしかった!
今日まで頑張って本当によかった!

ただ一つ残念だったのが、せっかく遠路はるばる宇和島まで来てくれた両親があたしのソロに間に合わなかったこと・・・やっぱりここまで頑張って練習してきたから正直、聴いて欲しかったな・・・

でもKRKRが聞いてくれたし、miyuさんやmihoさんも聴きにきてくださったし、他にもいっぱい聴いてくださった方がいたから本当に幸せだった♪


そうこうしてるうちにKRKRとのデュエット曲の出番が近づいてきた!
ワルツはKRKRと一緒に弾けるからすごく心強い!
『KRKRが気持ちよく弾けるように、あたしは主張せずに伴奏に徹する事』
これだけを肝に銘じていざ舞台へ!

リハとは比べものにならないくらい上手くできて、今までの中でも1、2を争うくらいの出来だったと思った!!
お陰であたしもすごく気持ちよく弾けた!!



大勢で弾く曲は、どうしても演奏に対しての責任感が薄くなってしまうけど、ソロは全部自分のせいだから本当にすごくプレッシャーが大きかった。
社会人になってこんなに努力したことは今までなかったかもしれない。
こんなにプレッシャーを感じて緊張したこともなかったかもしれない。
それくらい、この発表会は私にとっていい経験になった!

一人じゃ絶対途中で挫折してたから、本当に周囲の方々の支えがあってこその演奏だったと思う。

場慣れするために場所を提供してくれたsu-sanや応援してくれた多くの友達にもとても感謝してます☆☆ありがとうございました!!
何より、凹んだあたしをいつも近くで励ましてくれたKRKRの存在がすごく大きかった。本当にありがとう!

そしてわざわざ発表会に来てくださったmiyuさん、mihoさん本当にありがとうございました!

遠路はるばる宇和島まで来てくれた両親にも感謝します☆ありがとう!
[PR]
by tiko-hime | 2008-03-16 23:13 | バイオリン